誕生石がダイヤモンドです

私は4月生まれなので、誕生石はダイヤモンドです。あまり宝石には興味がないのですが、ダイヤモンドだけは大好きで、ニューヨークに住んでいた頃、ティファニー本店に行って、一粒ダイヤモンドのピアスを見たときに、ピアスを開けたいと思いました。
ティファニーのダイヤモンドの輝きは素晴らしくて、普通のショップではカラッと数が大きくなるように研磨するそうですが、ティファニーではダイヤモンドの輝きを最大限に発揮させるために、サイズは小さくなっても、一番ダイヤモンドが輝くところまで削っていって、同じ1カラッとのダイヤモンドでもティファニーのダイヤモンドは輝きが素晴らしいのです。
日本に帰ってきてから、念願のピアスを開けました。そして、ダイヤモンドのピアスを買いました。ティファニーではありませんでしたが、4ミリのスタッドピアスを買いました。とても嬉しくて、いつも身につけるようにしていて、誕生石を身につけると幸運がやってくるということを聞いて、ダイヤモンドが誕生石で良かったと思いました。
私はダイヤモンドの中でも、ブルーダイヤに憧れがあって、ブルーダイヤのピアスが欲しいと思っているのですが、天然のブルーダイヤはほとんどとれないということで、人工的に着色してあるものが一般的に出回っているということです。鳩のくちばしのところに小さなブルーダイヤが付いているピアスを持っているのですが、あまり目立たなくて、ちょっと残念です。

ダイヤモンドの買取りのコツについて

ダイヤモンドを買取ってもらいたいという場合、さまざまなコツがあります。これらのことを知っておくだけで高く買取ってもらえる可能性があります。まず、ダイヤモンドの買取についてですが、ブライダル由来のダイヤモンドの場合、品質の高いものが使われていることが多いですので、高い金額で買取ってもらえる可能性がとても高くなります。ダイヤモンドは、婚約指輪、結婚指輪などのものは、とても高い金額で買取が可能な場合が多いです。
また、ダイヤモンドを買取ってもらう際には、鑑定書の有無などをチェックしておくようにしましょう。これがあれば、ダイヤモンドの品質が保証されている証拠になりますので、高い金額で買取ってもらえる可能性がそれだけ高くなります。
また、ダイヤモンドを買取ってもらう際には、その傷の有無などを見てみるようにしましょう。
世界一固いと言われているダイヤモンドですが、カットされているダイヤの角などはとても欠けやすくなっています。たとえば、鑑定書がついていたとしても、購入したときと違った状態であれば、それだけ買取り価格が下がってしまうことが多くなります。なるべく高い金額で売りたい…という場合にはそのダイヤモンドの状態をあらかじめチェックしておくようにしましょう。
また、ダイヤモンドを買取ってもらう際にはしっかりとした鑑定士が所属している専門業者で買取ってもらうことがおすすめです。適当なお店の場合、不当に安くで買い叩かれてしまうこともあるからです。


【関連記事】

ダイヤモンドの指輪を売ることにした。そこであるダイヤモンドの買取業者に査定をしてもらうことに。思ってた以上に安い査定額でショックだったが、こんなものかとその場で売ることにした。だがそれが大失敗。その後で、ダイヤモンド買取で高く売る方法を知ることになった。。。
ダイヤモンド買取売る.com

ダイヤモンドは女性の人生でたびたび登場する

宝石というのは、女性を魅了するとても身近な存在です。
もしも宝石がなかったらと思うと、心が寂しいそんな気持ちになります。
そんな宝石の中でも最も有名なものとしてダイヤモンドがあります。
ダイヤモンドは、女性を輝かせるとても素敵な宝石です。

宝石の中でも、最も人生で登場することが多い輝かしいものなのです。
その一つに、恋人からもらうダイヤモンドがあります。
宝石をプレゼントされると、とてもテンションが上がりますね。
その時、多くの人がダイヤモンドをプレゼントするのではないでしょか。
それは、宝石の中でも最も有名であることと人気があるからです。
女性も一番プレゼントされて嬉しのは、ダイヤモンドと想像します。

そして婚約をする時も、ダイヤモンドをプレゼントすることが多いです。
婚約は、人生に置いてとても大切な時です。
その時も、ダイヤモンドで女性を輝かせることができます。
私の場合は、そのダイヤモンドを眺めては嬉しい気持ちを噛み締めていました。
そんなふうに、付ける楽しみと眺めて嬉しい気持ちを持つ楽しみ方があると感じます。

そして結婚をする時の結婚指輪としても、ダイヤモンドを使用しました。
それは、本当に小さいですがその小さいながらに輝きが嬉しいのです。
小さい宝石なのに、とてもすごい輝きを持っていることがわかります。

そして最後に、結婚20年目の時に主人からプレゼントをされたのもダイヤモンドです。
その時も、主人の気持ちとダイヤモンドをもらって嬉しさいっぱいになりました。